受験体験記2021

大分南・大分商業高校

Home > 受験体験記 > 大分地区 |大分南・大分商業高校

九進で学べること

大分南高校|普通科合格
  大野 美貴さん(大東中学校)

 私は、小学4年生の時に入塾しました。この6年間、九進を通して学んできたことが、大分南高校合格につながったと思います。小学校の時から勉強をするという習慣がつき、中学校でも部活との両立ができました。ただ正直もっと勉強していればよかったなという後悔もありますが、勉強をする習慣がつけられて良かったと思います。また、基礎を身につけることで、応用問題を解けるようになりました。実力テストや模試などで高い点数をとることができれば、自分がなりたい夢を実現させることができます。そして、実現させるために自分の行きたい高校を幅広く選ぶことができるという大切なことを学ぶことができました。

諦めたらそこで試合終了ですよ

大分南高校|普通科合格
  中森 琢真さん(明野中学校)

 僕が受験生になってから意識したことは、自分に合った勉強場所を選択することです。僕は中学3年生の初めまでなかなか家での学習が集中して取り組めず、毎日宿題に追われていました。そのせいか成績も下がっていき受験への気持ちも下がっていました。しかし九進の先生方は僕と向き合い続け、たくさんの言葉をかけてくれました。そのおかげで僕もだんだんと気持ちが切り替わっていき、家で集中できないんだったら、何がなんでも自習室が空いている日は自習に行こうと決心しました。自習室では集中が継続でき時間を有効的に活用できました。それから受験が終わるまで自習室に行き続け見事合格できました。だから自分に合った勉強場所を選択し、最後まであきらめずに頑張って下さい。

 

今までの努力の成果

大分商業高校|商業科合格
  渡邊 美音さん(大東中学校)

 私は、中3の2学期まで将来のことや高校のことをちゃんと考えていなかったし、正直ちゃんと自分のための勉強ができていませんでした。だから、進路について考えていく中で不安な気持ちが増す一方だったし、中3になると学校や九進の宿題が増えていくので、本当にきつい時期が続きました。だけど、それを乗り越えて、今、私が言えることは、最後まで諦めないでよかったということです。勉強量が増えて本当につらい時期が来たとしても「私は絶対、志望校に合格するんだ!」という気持ちを持って取り組むことで、受験を終えた後で達成感が得られると思います。そして、自分が努力した分、必ず結果に出てきます。だから、自分の力を信じて何事にも一生懸命頑張って下さい。