受験体験記2020

|鳥栖・鳥栖商業・三養基高校

Home > 受験体験記 > 筑後地区 |鳥栖・鳥栖商業・三養基高校

私が志望校に合格できた理由

鳥栖高校|普通科合格
  今村 和花さん(鳥栖中学校)

 私は小学6年生の時から九進に通い始めました。最初は受験という意識が薄いまま九進のテストを受けていましたが、成績も平均以上だったので特に気にしていませんでした。意識が変わったのは中学3年生の時の夏期講座でした。その時一斉模試があったのですが、志望校D判定というひどい結果でした。私自身の成績はあまり変わっていなかったのでみんなが頑張り始めたことが分かり、私はその時から本気で勉強をし始めました。特に数学が苦手だったのでよく担当の先生に教えてもらいました。
 そのおかげで全体的に点数が上がり、A判定までとれるようになりました。また、九進で本番同様の時間や雰囲気で過去問を解いたので本番も緊張せずに済みました。私が志望校に合格できたのは先生方のおかげです。先生方、ありがとうございました。

先生方に感謝

鳥栖商業高校|普通科合格
  栗山 奈々さん(鳥栖中学校)

 私は小学5年生から九大進学ゼミに通い始めました。九大進学ゼミには毎日する宿題である「日々の宿題」がありました。自分にあった勉強法が分からなかった私にはベストな宿題でした。日々の宿題で基礎の復習ができ、受験で出題されやすい問題を解くこともできたので、とても役に立ちました。
 私の最初の志望校は鳥栖高校でしたが、11月の志望校決定の時には、鳥栖高校の偏差値から程遠く、合格するには厳しい状況にあったため、鳥栖商業高校に変更しました。志望校のレベルを下げた私に気を抜かせない為に、先生方は、士気を鼓舞する様な言葉をたくさん投げかけてくださいました。そのおかげで、高成績で合格することができました。先生方には、本当に感謝しかないです。今まで長い間、ありがとうございました。

 

受験勉強でがんばったこと

三養基高校|普通科合格
  村山 大晟さん(鳥栖西中学校)

 僕が頑張ったことは日々の宿題と苦手な教科の勉強です。日々の宿題は時間があったらすぐにその日の分を終わらせて、余裕があったら、次の日の分も終わらせていました。教科書の文章を自学ノートに写して暗記をするより日々の宿題で自分が間違っているところをやり直すほうが効率がいいと思います。そして、苦手だった理科は問題集を買って、問題をひたすら解きました。どうしても無理だと思ったところは一旦飛ばして、自分ができそうなところをして、分からないところは学校で友達や先生に聞きました。 
 受験をして思ったことは日々のつみ重ねが大事だということです。テスト前日にまとめて勉強するのではなく、毎日コツコツ勉強して、志望校に合格できるように頑張ってください。