受験体験記2020

|佐賀西・致遠館・佐賀北高校

Home > 受験体験記 > 筑後地区 佐賀西・致遠館・佐賀北高校

九大進学ゼミのおかげで

佐賀西高校|普通科合格
  坂田 美羽さん(城西中学校)

 私は、中学3年生の途中まで志望校を迷っていました。そのようなとき、九大進学ゼミの先生に本音を打ち明け、背中を押してもらうことで、後悔のない選択をすることができました。また、毎月行われる模試や日々の宿題、合格特訓ゼミなどで見つかる数多くの苦手を、九大進学ゼミの先生方に支えられながら一つずつ克服しました。中学3年生の夏期講座からは、5教科の日々の宿題が始まり、演習の範囲も広くなり、何度もきつい思いをしました。しかし、×を○に変える学習を継続することで、入試前には志望校判定をBまで上げることができました。
 受験勉強は大変でしたが、後悔せずに全力を出し切れたのは、九大進学ゼミのおかげだと思います。そして、私を支えてくれた家族に心より感謝しています。

今までをふり返って

佐賀西高校|普通科合格
  冨岡 凜さん(西部中学校)

 私は今までよく勉強の仕方が分からないまま中学校生活をしていました。でも3年生になって「受験」という存在を意識せざるを得なくなった時、少し焦りました。中学3年間で学習した内容をどうやって復習していけば良いか分からなかったからです。そこでまずは家族に相談しました。すると「まずは自分の苦手なところを書き出してみたら」とアドバイスをしてくれました。ちょうどその時が夏休みで学校が休みだったので、九進に行った時に先生に自分の苦手なところを質問しました。そのおかげで苦手なところを少し克服できました。
 またこれからの勉強の仕方も教えてくださったので、受験に向けた明確な目標を立てることができました。周りの人達が支えてくれたおかげで私は今まで頑張ってこれたと思います。

 

未来を見据え、今できる事を

致遠館高校|普通科合格
  大曲 思宇さん(昭栄中学校)

  私は小学4年生の頃から、九大進学ゼミに楽しく通い始めました。中学1・2年生では、目の前の定期テストの得点を上げる努力を続けました。そのような私にも、高校受験を第一に考えるとき、中学3年生の夏がやってきました。将来を考えたとき、自分が身につけるべき力を考え、高校選択を行いました。
 しかし、選択をするためには、自分の学力を知り、志望校をつかむための正しい判断が必要です。このとき、中学1年生から頑張ってきた、1つ1つの定期テストが重要であることを、受験勉強に取り組む中で強く感じました。「あのとき勉強しておけばよかった」という後悔をなくせるよう、中学1・2・3年生と、目の前の勉強をコツコツ頑張ることが合格の秘訣です。これからも一歩先を考え、努力していきたいです。

 

受験を終えて

致遠館高校|普通科合格
  德富 一夏さん(東与賀中学校)

 私が九大進学ゼミに通い始めたのは、中学1 年生の夏期講座からでした。そのときは志望校に全く点数が届いておらず、何度も志望校を変えようとしていました。しかし、日々の宿題や模試のやり直しなど、毎日コツコツとしなければいけないことをしていくと、少しずつ点数が上がっていき、模試の判定もB判定、A判定と上がっていきました。
 受験が近くなってくると、不安や心配がたくさん出てきました。そんな時は、今までしてきた事を思い出すようにしていました。そして第一志望校に合格したときはとても嬉しかったです。高校でも、毎日コツコツと勉強をし、大学進学に向けて頑張りたいと思います。

先生の言葉のおかげで

佐賀北高校|普通科合格
  小栁 千彩さん(成章中学校)

 私は中学3年生になっても受験生という自覚がなく、「何とかなるだろう」と思っていました。そのような気持ちで受けた模擬試験の志望校判定はC判定。志望校を変えなければいけないかもしれないと思っていた私に、九大進学ゼミの先生は「本気で頑張れば頑張った分、これから成績は上がるよ。千彩ならいける。」と力強く仰ってくださりました。
 それからの私は、時間を計りながら日々の宿題に取り組み、夏期講座の100問トレーニングでは満点を目指して、毎日必死に頑張りました。すると、志望校判定がC判定からB判定へ、B判定からA判定へと確実に志望校合格へと近づいていきました。あのときの先生の言葉がなければ、志望校を受験することすらできていなかったかもしれません。本当にありがとうございました。

努力は実る!!

佐賀北高校|普通科合格
  福池 杏奈さん(城西中学校)

 私は中学3年生の夏に入塾しました。それまでは部活動中心の生活で、全く家庭学習をしていませんでした。すると模試でE・D判定しかとれず、志望校への合格は難しいかなと考えていました。しかし、日々の宿題や演習を怠らなかったことで、成績は徐々に右肩上がりになっていきました。特に冬期講習では100問トレーニングで満点をとることを目標にしてがんばりました。
 また、自分は英語がとても苦手でしたが、分からない単語はすぐに調べることを徹底し、得意教科にすることができました。後輩のみなさんもなかなか点数が伸びずに苦しい時期もあると思います。しかしそこで手を抜かなかったことで私は九進に入る前より90点以上上げることができました。日々の努力を怠らず自分を信じて頑張ってください。結果は必ずついてきます!!

受験勉強で大切なこと

佐賀北高校|普通科合格
  永渕 実優さん(三日月中学校)

 私は、中学3年生の2学期まで、志望校の点数に全く届いておらず、模試の判定はいつもC かDでした。しかし、日々の宿題や模試で解けなかった問題を分かるまで解き直したり覚えたりしたら、模試の判定がAになりました。他にも、演習や100問トレーニングで常に満点を取れるように勉強して力をつけていきました。
 そして、受験本番では、数学と理科が自己最高点を取ることができ、合計点数も今までで一番いい点数でした。こんなに取れたんだと私自身驚きました。気付かないうちに、日々やっている勉強が身についていたのだと実感しました。皆さんも、今できる勉強を必死にやって実力をつけていって本番で発揮できるように頑張ってください。