受験体験記2020

|武雄・鹿島・唐津東高校

Home > 受験体験記 > 筑後地区 武雄・鹿島・唐津東高校

努力をする中に楽しさを見い出す

武雄高校|普通科合格
  峯 咲子さん(武雄中学校)

 私は勉強を理解するのに時間がかかります。だから、私は人の倍、倍以上の時間が必要でした。九進のテキストだけではなく自分で問題集をかき集めて、たくさんの問題を解きました。たくさんの問題を解いたことで、テストの時に「あ、これ見たことある!」と思う回数が増え、解くのが楽しくなったと思います。
 受験勉強は長いし、どんどんきつくなってくるし、投げ出したくなることもあるけれど、人より問題をたくさん解いて結果が出るようになるといつの間にか勉強が楽しくなってきます。そうやって積み重ねた時間が、受験の時の一番のお守りになり、落ち着いて試験に挑むことができました。無事、第一志望に合格しましたが、今度は大学入試という大きな目標に向かって頑張っていきたいです。

受験を通して学んだこと

武雄高校|普通科合格
  岡川 凜音さん(武雄中学校)

 私が受験を通して学んだことは、たくさんの誘惑に負けず、自分に打ち勝つことです。家庭学習をする時、テレビやスマホなど集中を妨げるたくさんの誘惑がありました。夏休みに入るまではその誘惑に負けてばかりでしたが、九進の夏期講座が始まると、九進で勉強する時間が長くなり、集中して勉強することができました。また、家庭では静かで勉強だけに集中できる環境を作り、誘惑に負けず勉強に取り組みました。集中して勉強することで自信がつき、受験を乗り越えることができました。
 受験勉強は大変だと思いますが、集中して勉強した分、自信を持つことができます。頑張ってください。

 

解き直しの大切さ

鹿島高校|普通科合格
  木原 陽菜さん(西部中学校)

  私は、小学校6年生のときに九大進学ゼミに入りました。小学生のころはただ毎回の授業が楽しくて九進に通っていましたが、中学生になると正直「楽しい」だけではありませんでした。部活動をしてクタクタに疲れても授業は必ずありましたが、私は第一志望の高校に合格するために3年間必死で頑張りました。
 特に、毎回の定期テストで200点以上(250点満点) を取り続けるのも相当努力が必要でした。ですが私がやっていた勉強方法はとてもシンプルで「間違えた問題の解き直し」でした。日々の宿題やテストの解き直しは本当に大切だと思っています。まずは日々の宿題を丁寧に取り組むこと、そして間違えたところを解き直すことで点数はとても変わってきます。だから、みなさん頑張って下さい!

 

九大進学ゼミに出会えてよかった

唐津東高校|普通科合格
  山﨑 菜央さん(第一中学校)

 私は、小学6年生の時に九大進学ゼミに入塾しました。小学生の時に、Jr.English に通っていたので、中学校3年間英語が一番得意でした。ですが、私は社会が一番苦手で、入試直前の模試でも点数は伸びなくて、ぎりぎりまで社会の勉強をしました。すると、入試で過去最高点がとれました。本当にうれしかったです。そして、第一希望だった高校に合格することができました。3年間頑張ってきてよかったと心から思えました。
 こうして頑張れたのは、家族や友人、九進の先生方の存在があったからです。4年間九進に通って本当によかったです。この4年間での積み重ねを、高校でも生かしていきたいです。先生方、今までたくさんのことを教えて下さり、支えて下さって、ありがとうございました。

九大進学ゼミあっての合格

唐津東高校|普通科合格
  岩﨑 貫太さん(第五中学校)

 僕は、中学2年生の夏期講座から九大進学ゼミに通い始めました。入塾する前は、部活動に力を入れていたのでほとんど勉強には手をつけていませんでした。ですから、勉強の方法も分からず、より志望校合格が遠ざかっていました。ですが、九大進学ゼミに入って、日々の宿題をしたり、テストを受けたりすることで、自分の弱点が明確になり、効率良く勉強に励むことができるようになりました。
 中学3年生になると、日々の宿題の量も増え、新しい宿題も加えられ本格的な受験勉強が始まりました。ですが、九大進学ゼミの先生方が分かりやすく、楽しく授業をしてくださったおかげで大変な受験勉強を乗り越えることができました。僕を合格へ導いてくださった九大進学ゼミの先生方、本当にありがとうございました。