受験体験記2020

宇部工業高専

Home > 受験体験記 > 山口地区 | 宇部工業高専

基礎をしっかり身につけること

宇部工業高専|経営情報学科合格
  梅本 ももかさん(高千帆中学校)

 私は小学5年生から九進に入りました。中学3年生になったら本格的に勉強すればいいと思っていましたが、受験では中学校の全ての内容が出題されるため通用しませんでした。中学3年生の夏には、偏差値が下がりました。それは自分の力を過信して課題を真剣に取り組まなかったからだと思います。基礎があやふやなまま時間が過ぎていき、受験も近づいてきて危機感を覚えるようになりました。
 この苦い経験から、本気で勉強に取り組みました。家では集中できなかったため、塾での授業がない日も塾に通って社会と理科を徹底的に勉強しました。それでも苦手な理科は点数が上がらず悩んでいましたが、完全整理で調べて勉強することで少しずつ分かっていくようになり、自信がついていきました。最後まで応援して下さった先生方と、両親に感謝したいです。格をつかめたと思います。きつくて逃げ出したい時には、先生方の言葉を思い出して、受験を乗り越えていってください。

塵も積もれば山となる

宇部工業高専|物質工学科合格
  遠藤 憂羽さん(黒石中学校)

 受験勉強は自分との戦いでした。私は中学1年生の頃に友人に誘われて入塾しました。中学1、2 年生の頃、私は勉強時間が少なく、九大進学ゼミで勉強したからいいだろうと自分に甘えていました。しかし、中学3年生になって、そんなことは通用しませんでした。周りが次々に受験勉強を始めている中、受験校すら決めていませんでした。スタートが遅れた分、巻きかえそうと思っても、なかなか偏差値は上がりませんでした。もう少し早く勉強に向き合えばよかったなと思います。
 私が合格することができたのは、周りの人の支えがあったからだと思います。九大進学ゼミの先生、家族、そして友人の支えがあってつかみとれたものです。だから、日々の努力を忘れず、中学のときよりも充実したものにしていきます。九大進学ゼミでよかったです。

常に上を目指して

宇部工業高専|経営情報学科合格
  竹原 遥さん(上宇部中学校)

 私は新中学1年生の春休みから九進に入り、中学校3 年間、お世話になりました。最初の頃は、日々の宿題を面倒臭く感じ、ためてしまったり、いい加減にしていました。3年生になって初めての一斉模試では、B判定と、思うような結果が出ず、テストの見直しをする中、まず基礎が固まっていないことに気づき、日々の宿題を真剣に取り組もうと思いました。
 そして11月の模試からずっとA判定を維持することができました。しかし、A判定だからといって油断は大敵です。毎日、明日が入試だという緊張感を持って勉強を続けていきました。そして入試当日、自分の力を存分に出して、志望校に合格することができました。時間はあるようでありません。常に上を目指して1日1日を大切にしてください。

受験を終えて

宇部工業高専|物質工学科合格
  長崎 蓮さん(川上中学校)

 僕は、中2の夏から九大進学ゼミに入塾しました。僕は当時、意欲的に勉強に取り組んでおらず、ほとんど勉強をしていなかったと思います。しかし、九大進学ゼミに入ってしばらくして迎えた定期テストで、少し順位が上がり、最終的には約30番、順位を上げることができました。順位を上げることができた理由は、繰り返しの勉強をしたからだと思います。学校のワークや塾で配布される豊富な教材を使い、間違えたところを徹底的に勉強することで、その問題が自分の知識として身に付いていき、成績を上げることができたと思います。また、自分の望む高校を受けることができたのは、九大進学ゼミの先生方の真剣な指導のおかげだと思います。
 中2のときに、真剣に勉強をするきっかけをもらえたことを本当に感謝しています。ありがとうございました。