受験体験記2020

北九州工業高専

Home > 受験体験記 > 北九州地区 | 北九州工業高専

高校受験が不安な人へ

北九州工業高専|生産デザイン工学科合格
  山脇 彩葉さん(木屋瀬中学校)

 私は2年生の3学期から九大進学ゼミ星ヶ丘校に通い始めました。そのころの私は、志望校もはっきり決めておらず、なんとなくで入塾しました。今思えばあの時、九大進学ゼミに入塾して良かったと思います。入塾して少したった時、私は志望校を変えたのですが、そのきっかけを作ってくれたのが九大進学ゼミでした。入塾してから苦手だった英語の偏差値が10 ほど上がり、他の教科の成績ものびていきました。九大進学ゼミの先生方が分かりやすく教えてくださり、定期テストの点が上がり内申点も上がりました。
 他にも、面接の練習などもしてくださり、私は志望校である北九州高専に推薦で合格することができました。不安で勉強したくないとか、めんどくさいとか思う時もあると思いますが、努力はきっとむくわれるので頑張ってください。

毎日の積み重ね

北九州工業高専|生産デザイン工学科合格
  中島 美空さん(曽根中学校)

 私は、小学5年生のときから九大進学ゼミに通い始めました。受験を経験して、私は毎日机に向かって勉強することが大切だと思いました。なぜなら、中学3年生になってから、課題の量が一気に増えるからです。日々の宿題が5教科になったり、完全制覇ややり直しノートをしなければならなかったりと、毎日継続して行わないと提出期限に間に合わないものばかりです。
 しかし、その膨大な課題はどれも自分の学力向上につながります。私が特にそれを実感したのはやり直しノートです。やり直しノートに取り組み始めてから、自分の学力が右肩上がりにどんどん上がっていきました。真剣に取り組めば取り組むほど学力向上につながっていくので、どれも手を抜かずに頑張ってください!

九大進学ゼミで培うことができること

北九州工業高専|生産デザイン工学科合格
  守田 充希さん(戸ノ上中学校)

 僕は中学3年生の夏から九大進学ゼミに通い始めました。学校のテストでは良い点数が取れていたものの、九進のテストでは思うように点が取れていませんでした。僕はテストを通してとりわけ社会が苦手であることに気がつくことができました。それはテスト結果から分かりました。テスト内の点数の分布が示してあることで「自分はここが得意なんだ」「この分野が苦手なんだ」と知ることができました。
 また、順位が出ることによって自分の頑張りを目で実感できます。他に日々の宿題や社会の授業なども自分の身になりました。日々の宿題をすることで3年間分の復習をすることができました。社会の授業は週に1回でしたが、濃い内容でわかりやすかったです。僕は推薦だったので面接の練習もしていただきました。そのおかげで自分の第1志望の高校に合格することができました。

ありがとう九大進学ゼミ

北九州工業高専|生産デザイン工学科合格
  下田 龍之介さん(菅生中学校)

 私は中学1年生の春期講座から、九大進学ゼミに通い始めました。ふり返ってみて、思うことが2つあります。1つ目は、学校の定期考査前に必ず解いていたSPTがとても役に立ったことです。SPTの問題は、学校の定期考査にそのまま出ることがあり、十分な定期考査対策をすることができてとても心強い存在でした。
 2つ目は、月に1度の学力診断テストで自分の学力の状況を把握できたことです。自分の学力を頻繁に見直すことで、苦手な分野を見つけることができました。また、成績が伸びていたら自信をつけることもできました。私は九大進学ゼミで日々努力を積み重ねたことで、志望校に合格することができたと思っています。先生方の熱血指導に本当に感謝しています。

毎日の復習

北九州工業高専|生産デザイン工学科合格
  河野 颯太さん(広徳中学校)

 僕は、中学1年生のときから毎日、寝る前に復習をすることを心がけていました。その毎日少しずつの復習のおかげで北九州工業高専の入試に合格することができたと思っています。また、僕は夏の合宿やトップ校選抜コースに参加し、基礎問題だけでなく、応用問題の対策もしていき、中学3年生の10月からは、毎月の学力診断テストや県模試でも少しずつ成績が上がっていき、学校の定期テストでも成績が上がりました。
 僕は、提出物を先に終わらせることが苦手でいつも後回しにしていましたが毎日の復習はサボらずにやって良かったなと思います。これからも毎日の復習をサボらずにしようと思います。

受験勉強を頑張れた理由

北九州工業高専|生産デザイン工学科合格
  鹿毛 翔平さん(志徳中学校)

 僕は中学3年生の夏から九大進学ゼミに入りました。九大進学ゼミに入る前は、学校から帰って家で宿題をするだけで、ほとんど自主学習をしていませんでした。ですが、九大進学ゼミに入ってからは勉強時間も増え、自主学習もするようになりました。これは先生方の分かりやすい授業のおかげで、勉強にやる気がでたからだと思います。実際九大進学ゼミに入ってから、学校のテストで良い点数を取れるようになりました。
 僕が受験まで勉強を頑張れたのは、先生方のおかげだけではなく、「日々の宿題」があったからだと思っています。今まで、毎日勉強をしていなかった僕には、大変な課題だと思っていましたが、だんだん苦ではなくなっていき、小さなミスを減らせるようになりました。このことから、毎日少しずつ勉強をしていくことが大切だと実感しました。

行き続けるべき

北九州工業高専|生産デザイン工学科合格
  須山 皓耀さん(広徳中学校)

 僕は九大進学ゼミに通ってよかったと思う。予習ができるということだけでなく、学校では知れない簡単な解き方や覚え方を知ることができるからだ。またSPTなどは定期テストにも役に立った。
 日々の宿題の数学は早く解くようにし学力テストなどの模試の大問1の計算を早く終わらせられるようにした。僕は北九州工業高専の推薦入試を受けた。九大進学ゼミは入試前に作文の添削を何度かしてくれた。とても自分の力になった。部活動が大変で行きたくないこともあると思うが少し無理してでも行くべきだ。「力になった」「力にならなかった」はあると思う。僕は急激に成績は伸びていないが力になっていると実感している。

九大進学ゼミでの成長

北九州工業高専|生産デザイン工学科合格
  河野 颯太さん(広徳中学校)

 私は小学校の頃はあまり勉強が得意ではありませんでした。なので、小学6年生の終わりから九大進学ゼミに通い始めました。初めは高専に受かるための学力がありませんでしたが、九大進学ゼミに休むことなく通い続け、日々の宿題に不備がないように努力しました。そして、今ではそこそこ良い学力を保つことができています。
 九大進学ゼミでは、定期テストの対策をしっかりと行ってくれました。そのおかげで、1年生の1学期の中間テストを除く定期テストでは学年1位を取り続けることができました。九大進学ゼミに通う中で最も大切にしていたことは日々の宿題に真剣に取り組むことです。日々の宿題では基本的だけど重要なことを学ぶことができました。なので、3年間真剣に取り組んできて良かったと思います。