受験体験記2020

久留米工業・有明工業高専

Home > 受験体験記 > 福岡地区 | 久留米工業・有明工業高専

テストに勝ち有利な内申をつかみとれ!!

久留米工業高専|制御情報工学科合格
  山内 爽也さん(甘木中学校)

 私が九進に入ったのは2年生の3学期でした。それまでは勉強はそこそこできるほうでしたが学年10 位以内に入ることはありませんでした。しかし、九進に入った時に、ある先生からこう言われました。「学校のトップ目指そうぜ。」私はその言葉に励まされ勉強を一生懸命するようになりました。そして、今まではなかった10位以内、1位をとることができました。それからも、5位以内はキープし続け九進のテストでも福岡県10位以内に4回も入れました。
 私が受かった高専の推薦入試の必要内申も上回ることができ、見事合格することができました。私はこの九進に入れて良かったです。しかし、九進に入るだけでは成績は上がりません。九進に入って努力することにより成績が上がっていくと思います。努力は決してあなたを裏切りません。

九大進学ゼミ並びに先生方への感謝

久留米工業高専|機械工学科合格
  立野 聖也さん(良山中学校)

 私は中学1年生のときに、久留米高専に入学することを目標に、九大進学ゼミに入りました。九大進学ゼミでの熱い先生方からの熱血指導、定期テスト前の対策講座、学力診断テスト、夏期合宿、年末年始特訓やトップ校選抜コースなど、様々な学習プログラムを通して一歩一歩志望校合格へと歩みました。
 時には、テストの結果が悪かったり、勉強でつまづいたり、宿題の不備が続いて叱られることもありました。しかしそんな時、先生方からの熱い指導や、分かりやすいアドバイスにより、私は折れることなく、困難に立ち向かうことができました。そして私は、念願の久留米高専合格を果たしました。私に最後まで向きあってくださった先生方に、私は感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

努力は大切

久留米工業高専|材料システム工学科合格
  守田 充希さん(諏訪中学校)

 僕が約2年間九進に通い学んだことは、努力の大切さです。僕が志望校に合格できたのは、努力を積み重ねてきたからだと思います。誰よりも勉強したと思えるぐらい毎日勉強していました。2学期の期末テストが終わってから、学校が終わって家に帰らずそのまま九進に行き夜遅くまで勉強するという生活を毎日していました。
 また、日々の宿題は難易度関係なく綺麗な字でやり直しまで行いました。授業の間の休み時間では、先生に分からないところをたくさん質問していました。スマホは受験後まで預けており、休日は最低10 時間は勉強していました。志望校合格を勝ち取るためには、毎日の小さな努力を積み重ねることが大切です。

受験を通して

久留米工業高専|機械工学科合格
  竜 優太さん(三橋中学校)

 久留米高専を志望校に決め、本格的に受験勉強がスタートしてから、僕が主に対策をしたのは高専の過去問でした。初めて問題に取りかかった時は、とても複雑で難しく、合格できるかどうか不安でした。しかし、九進の先生に分からなかったところを聞きに行くと、丁寧に解説してくださり、次第に解けるようになっていきました。また、日々の授業の問題演習でも、分からなかった問題の解説をよく聞き、もう一度問題を解くことで、着実に学力が上がっていきました。
 受験を通して、先生の話をよく聞き、自分のものにしていくことが大切だと感じました。久留米高専に合格できたのは、先生方の指導やサポートのおかげだと思います。今までありがとうございました。

受験で1番大切なこと

久留米工業高専|機械工学科合格
  原 侑豊さん(金泉中学校)

 私は、中学3年生の夏休みから九進に入りました。中学生になってからは一度も塾には行ったことがなかったので、第1志望である高専どころか、県立高校でさえあぶないと言われていました。私は高専を目指していたので、周りの人とはちがい、高専の勉強と県立高校の勉強を両立させる必要がありました。そんな中とても役に立ったと思うのは日々の宿題です。私は夏休みから毎日毎日、日々の宿題を分かるまで解きました。また、100 問トレーニングで満点がとれるように努力しました。
 このように毎日努力を継続したことで、受験が近づくにつれどんどん点数が上がっていき、模試ではA 判定まで上げることができました。そして、本番に自分の努力の全てを出しきり合格することができました。受験で大切なことは努力を継続することだと思います。

日々の積み重ねの大切さ

有明工業高専|創造工学合格
  得丸 滉太さん(粕屋中学校)

 僕は、小学生の頃から九進に通い始めました。中学生になってすぐは、必要最低限の勉強しかしていませんでした。ですので、成績は上がったり下がったりと、とても不安定でした。このことから、基礎の復習や日々の宿題を丁寧に解くことが大切だと感じました。日々の宿題を解き復習を行うことで、基礎を固めることができ、そのうち応用問題も解けるようになりました。日々の宿題の中にはテスト対策の問題もあり、それらを丁寧に解くことで、しっかりと頭に入れていくことができました。
 そうすることで不安定だった成績が安定し、志望校判定もA 判定になりました。毎日の勉強の中で大切なのは、積み重ねです。努力することで結果が出ると思います。それを信じて頑張ってください。

高校受験に向けての日々の宿題

有明工業高専|創造工学科合格
  下川 拓也さん(筑後中学校)

 私は、中学1年生の春休みから九大進学ゼミに通い始めました。前まで私は勉強に対してほとんどやる気がありませんでしたが、九進の授業は楽しくとても分かりやすかったのでやる気が出て中学校最初のテストでは、中間くらいでしたが学力が増え続け中間テストや期末テストでは、常に10 位以内に入ることができました。最も効果があったのは九進の日々の宿題だったと思います。
 日々の宿題では、今まで学習してきた基礎の問題を繰り返し解くので基礎をしっかりできるようになり、前に学習した内容もしっかり思い出すことができるようになります。しかし日々の宿題はただ解くだけでなく間違えた問題をさらに勉強することでさらに力になります。なのでみなさんもめんどうでも日々の宿題をして高校受験を目指して頑張ってください。

九大進学ゼミの塾生で良かったこと

有明工業高専|創造工学科合格
  金子 春一朗さん(三橋中学校)

 僕は、中1の頃からずっと英語が苦手でした。定期テストの英語さえも、平均点ぎりぎりでいつも納得のいかない点数ばかりでした。そんな時の中2の夏に僕は両親の勧めで九大進学ゼミに入塾しました。すると、初めは学校の授業についていけてなかったのにだんだんと分かるようになっていきました。これも、九大進学ゼミの先生方が分かりやすく教えてくださったおかげです。
 僕は、有明高専に推薦入試で無事、合格することができました。授業後、遅くまで面接の練習をしていただき、はげみや自信に繋げることができました。ありがとうございました。九大進学ゼミの塾生で本当に良かったと思いました。