受験体験記2020

大分工業・熊本工業・都城工業・鹿児島工業高専

Home > 受験体験記 > | 大分工業・熊本工業・都城工業・鹿児島工業高専

誰だってやればできる

大分工業高専|電気電子工学科合格
  出田 橘平さん(明野中学校)

 僕は中学1年生の時に九進に入りましたが、高校について軽く考えていたので志望校も何となくで選んでいました。先生方にアドバイスをしてもらい自分がなにをしたいかを考え高専に行きたいと思いました。しかし、3年生の冬になってもD判定のまま。それでも本気を出せずにいた自分に先生や親から志望校を変える提案をされ正直迷いましたが、ここで志望校を変えるのは悔しくて変えずにこのまま行くと決め残り2週間朝5時から学校に行くまでの少しの時間を使い今までにないやる気で勉強をし無事合格することができました。本当はもっと早く気づいてやる気を出すべきでしたが、自分でもやればできるんだと自信がつきました。
 先生方こんな僕を最後まで応援してくださりありがとうございました。

自分なりの楽しみを見つけて

熊本高専|人間情報システム工学科合格
  渡邊 美空さん(武蔵ヶ丘中学校)

 私は中学1年生の冬に入塾しました。入塾前は勉強の仕方が分からず、成績も中学校に入りたての頃から落ち続けていました。しかし、九進に通うようになってからは、先生方の丁寧で分かりやすい授業のおかげで順調に成績を伸ばすことができました。入塾後、すぐには慣れなかったけれど、毎日復習することを心がけていました。分からなかったことが分かるようになることが、小さな楽しみになりました。勉強をしたくないと思う日もありました。でも、志望校は早くから決まっていたため、合格後の楽しみを考えて、頑張ることができました。
 受験当日は緊張しました。でも、周りの知らない人も緊張してると思うと、なんとなく安心しました。うまくいかないこともありましたが、最後まで諦めずに合格をつかみとることができました。

積み重ねが大事!

都城工業高専|創造工学科合格
  児玉 唯人さん(五十市中学校)

 僕は、中学1年生の夏から九大進学ゼミに入塾しました。入塾したときには、英語が授業についていけないくらい苦手で、他の教科の足を引っぱっていました。しかし、塾での確認テストや課題、先生の熱く分かりやすい授業が僕を鍛え上げてくれました。僕のテストの結果には大きな波があり英語も伸び悩んでいました。そこで僕は、勉強をしようという自分の気持ちと、1年生の基礎が大切なことに気付きました。志望校が決まってからは、合格したいという気持ちで勉強し、学力も安定し始めました。
 今からなら、成績を上げられるのでがんばってください。早めに志望校を決めて目標を定めれば、やる気が出て、学力も上がると思います。志望校合格に向けてがんばりましょう。

受験を通してがんばったこと

鹿児島高専|電気電子工学科合格
  宮田 歩樹さん(国分中学校)

 私は、九進に通塾し始めて頑張ったことが2 つあります。1つ目は、バランス良く勉強することです。私は九進に通う前は、数学や理科ばかり勉強して、英語はほとんど勉強していませんでした。しかし、九進に来て、得意なものばかり勉強していても受験は乗り越えられないと痛感しました。九進の授業はどの科目も分かりやすく、苦手な英語も少しずつ分かるようになりました。後輩のみなさんにも、バランス良く勉強してほしいです。
 2つ目は、入試過去問の演習です。自分の受験校の過去問を何度も解くことで、その高校の入試問題の出し方やペース配分などを考えることができます。今、九進に通っているみなさん、志望校に向けてがんばって下さい。