受験体験記2020

下関西高校

Home > 受験体験記 > 山口地区 | 下関西高校

受験を終えて

下関西高校|探究科合格
  網田 佳祐さん(日新中学校)

 僕は小学3 年生の時に入塾し、中学3 年生の秋に、自分の夢や目標の実現に1歩でも近づきたいと思い、下関西高校を受験することを決めました。しかし最初の学力診断テストはC判定で、あまり良いスタートではありませんでした。そこで僕は塾長の益田先生のお力を借りて、苦手な教科の復習に取り組みました。しかし、それでも思うように判定は良くならず、僕は次第に不安になりました。下関西高校を受験するか迷っていたときに、益田先生が「網田君ならいける。」と僕の背中を押してくれました。僕はこの言葉を信じて下関西高校を受験し、無事合格することができました。
 僕が合格することができたのは益田先生をはじめとする周りの方々の支えがあったからです。本当にありがとうございました。

合格できたのは…

下関西高校|探究科合格
  後藤 桜菜さん(名陵中学校)

 私が下関西高校に合格できたのは、日々の宿題のお陰だと思っています。私はコツコツと積み重ねていくことが苦手で、時にはためてしまうこともありました。それでも日々の宿題をきっちりすることで、計算の速さや暗記力が上がり学力アップにつながりました。また、暗記テストや100問トレーニングを頑張ることで受験に向けて自信をつけていくことができました。
 そして、中学1年生の時からずっと支え続けてくださった益田先生をはじめとする九大進学ゼミの先生方、本当にありがとうございました。受験への不安を感じている時に背中を押してくださったおかげで頑張ることができました。九大進学ゼミに入塾して本当に良かったです。

周りの人からの大きな支え

下関西高校|普通科合格
  冨永 志真さん(向洋中学校)

 私は、3年生になると同時に九大進学ゼミに入塾しました。初めての塾で宿題や厚い問題集が何冊もあり、最初は戸惑いました。数ある教材の中でも特に日々の宿題は徹底的に取り組みました。わからない問題を明確にするために必ずふせんを貼り、先生方に質問することを心がけました。
 私が理解するまで丁寧に教えてくださったり、模試や学校のテストで点数がとれず、落ち込んだときも励ましてくださったり、益田先生をはじめとする九大進学ゼミの先生方は、本当に心強い存在でした。学習の積み重ねや数多くの模試を経て学力が向上し、自信をもつことができました。先生の言葉かけや家族、友達の支えが大きな原動力となり、私を前進させてくれました。九進生と共に合格に向けて頑張ったことは忘れられません。ありがとうございました。