受験体験記2020

徳山・下松・徳山商工・華陵高校

Home > 受験体験記 > 山口地区 |徳山・下松・徳山商工・華陵高校

復習の大切さ

徳山高校|普通科合格
  佐藤 翔太さん(太華中学校)

 僕は、中学3年生の夏休みから九大進学ゼミに入りました。九進に入るまでは、家で勉強することは全くなく、学力も少しあれば良いと思っていました。しかし、初日に貰った日々の宿題をしてみると、大半が分からないということに気がつきました。とりあえず、翌日にある日々の宿題のテストでは満点をとるという思いで、覚えましたが、日に日に点が低くなってしまいました。そのことが悔しかったので、さらに完璧にするように頑張りました。
 日々の宿題で内容を理解するだけでなく、理解したことを確認する場があったからこそやる気が出て、内容が定着するようになったのだと感じました。そして、復習の大切さも学ぶことができました。

今の志望校を目指せ!

下松高校|普通科合格
  田中 瑞生さん(周陽中学校)

 僕が受験を意識し始めたのは、中学3年生になってからです。それまでは、志望校なんてなんとなくしか考えたことありませんでした。本気で勉強しようと決めたのは、3年生の冬でした。そのときはすでに、志望校に合格するのは厳しい状況でした。ですが、受験生のみなさんはまだ時間があります。自分が目指す志望校を考えて、そこに向かって頑張ってください。今から少しでも勉強する習慣をつけておくと、本気で勉強をするときに苦しむことなく多くの知識を学ぶことができます。
 例えば、日々の宿題を毎日きちんとすることや、問題集を毎日決めたページ分やるなど、毎日コツコツ勉強することで必ず知識がついてきます。それがみなさんの志望校へ行ける道となるので今の志望校をあきらめず目指してください。

 

日々の宿題の大切さ

徳山商工高校|環境システム科合格
  岩本 大輝さん(周陽中学校)

 私は、九進に中学1年生の夏期講座から入塾しました。中学1年生の頃は、のびのびと授業を受けていたけれど、学年が上がるにつれて受験への危機感を教えてくれたのが九進の先生方でした。私は中学3年生のクリスマスまで、ずっと危機感もなく遊んでいました。しかし九進の先生が、「やばいぞ」ときつくしかってくれたことで、私は変わることができました。私が一番大切だと思ったのは、日々の宿題です。日々の宿題は本当にめんどくさいです。ですが、こつこつ積み重ねることで、私にとって大きな武器となりました。
 私は九進の先生方によって変わることができました。勉強が嫌いな人は多いかもしれないけれど、勉強と友達になることで楽しいと思える日が来るから、九進を信じろ!!!!

敵は自分自身

華陵高校|普通科合格
  原田 陽太さん(周陽中学校)

 私は、九進に入り、勉強に対する意識が変わりました。定期テストなどの取り組み方や日々の勉強への取り組み方が大きく変わりました。特に、3年生になると、1・2年の頃とは、比べものにならないくらいの勉強の量になりました。私自身は、勉強はあまり好きではなく、何回もやめたくなるときがありました。しかし、周りの友達ではげましあって、受験の壁を越えることができました。
 私が、特に意識してがんばったのは、日々の宿題の質を高めることです。まちがえた場所の解きなおしを必ずし、1日を大切に勉強しました。終わってみると、辛い中よく頑張ることができたなと思います。自分をサポートしてくださった先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。