受験体験記
山口高校
Home > 受験体験記 > 山口地区【山口高校】
基本の大切さ

普通科 合格 男子

 僕は3年生の夏休みが終わった時にこの塾に入りました。まず入って驚いたのは宿題の多さです。だから最初は日々宿の問題を解くだけで精一杯でした。しかし先生に+アルファの取り組みをしようと言われ、毎日頑張りました。そうすると勉強に余裕ができてきました。毎日の日々宿とそれに自分で付け加える+アルファの取り組みによって基本の部分ができていきました。基本の部分ができることで、その上に発展的な内容を積み上げることができ、自分の勉強の効率も良くなっていきました。
 この勉強を続け、僕は志望校に合格できました。だから日々宿をうまく使って、着実に確実に知識を積むこと、これが合格するための手段の1つだと思います。


九大進学ゼミの先生方への感謝

普通科 合格 女子

 私は吹奏楽部に所属していたので、11月に引退しました。だから、他の人より受験勉強にとりかかるのがとても遅かったです。しかも、塾に入る時は防府高校志望だったのを、突然山口高校志望に変えました。当然、他の人よりスタートが遅く、志望校も上げたので、塾の模試では1回も名前が載ることはなかったし、母も私もネガティブ思考になっていました。しかし、塾の先生方からは、1度も「志望校を変えたら?」などがなく、「なのかならできる!」と、落ち込みそうになっていたところを何度も何度も助けてくださいました。志望校ごとにアドバイスをそれぞれ教えてくださったり、うかれていたところで気をひき締めてくださりました。こんな1人1人に向き合って学ばせてくださり、本当に感謝しています。ありがとうございました。


「点数」ではなく「メンタルの強さ」で

普通科 合格 男子

 正直、受験勉強はとてもつらい経験でした。私の場合、受験勉強をすればするほど、つらくなっていきました。過去の入試を解き、自分で採点をし、その点数を見て不安と焦りでいっぱいになりました。「受からなかったらどうしよう。」と本番直前までずっと考えていました。しかし、入試会場に入ったとたん、私の考えは変わりました。「みんな緊張しているんだ」と不安が少し軽くなりました。とても張りつめた空気が逆に私を楽にしてくれたのです。多分、張りつめた空気でさらに緊張する人もいると思います。そんな人は、本番の一週間前くらいに、「みんな緊張してるんだ、みんな頭の良さは一緒なんだ」と考えればいいと思います。受験は「点数」で競うのではなく、「メンタルの強さ」で競うものです。メンタルを強くもてば点数も変わります。


受験までの道のりと日々宿の大切さ

普通科 合格 女子

 私は、小6の最後から九進に入りました。
 最初は、なんで日々宿が必要なのか、めんどうくさいとばかり思い、行う日々でした。しかし、受験生になり、周りの子と計算スピードや暗記のレベルに差がついていることを感じ、今まで行ってきた日々宿に無駄ではなかったと思えるようになりました。今、塾の宿題や日々宿が苦になっている人も中にはいると思いますが、日々宿を丁寧に一生懸命すれば必ず力がつき、それは自分の自信になると思うので、頑張って下さい。
 高校受験は、自分が頑張れば、いくらでも成績が上げられて、志望校に近づくことができます。受験まで毎日一生懸命勉強すれば、本番で分かる問題が多く、自分の回答に自信がもてます。努力は、絶対に裏切らないし、結果として表れます!!


入試に向けてやったこと

普通科 合格 男子

 僕は小学6年生の初めに九進に入塾しました。中学校生活の1年目は定期テストだけを意識して勉強していましたが、中学2年生の夏ごろからは受験を少しずつ意識するようになりました。
 定期テストで高得点をとるためにたくさん勉強していたことも、時間がたつといつのまにかほとんどのことをわすれていました。だから、勉強は継続しなければいけないと思います。もう大丈夫と思ったところでも、もう一度復習するべきです。
 得意だと思える教科が一つでもあると、だいぶ安心します。中学3年生なるまでにそういう教科をつくるべきです。


成長させてくれた受験勉強

普通科 合格 女子

 私は、中学1年生の夏期講座で初めて九大進学ゼミに入塾しました。最初は2歳上の姉の受験勉強を見て、正直自分は姉と同じ高校を受験できるのか不安でした。
 部活動を引退した夏休みから、本格的に勉強を始めました。ほとんど毎日通って、8月のテストでは良い結果を出せたものの、2学期に入ると、学校行事などで夏休み以上の成績をとることができませんでした。しかし、冬休み前くらいから、社会と理科の勉強を特に集中的に取り組み、1月の塾のテストと学校の習熟度テストでは初めて200点を超えることができました。
 なかなか成績がのびなくても、努力を続ければ、最後まで良い結果が必ず出るので、あきらめずに頑張ってください。


受験で学んだ努力の大きさ

普通科 合格 男子

 僕は3年生の夏休みから九大進学ゼミに入りました。最初のテストではとても点数が悪かったです。しかし、夏休みの夏期講座を終えてからどんどん点数が上がるようになりました。また、日々宿を毎日丁寧に行い、間違えたところを確実に覚えるようにしました。すると、応用問題も解けるようになりました。模試でどんどん点数が上がるようになると、自分の苦手分野が分かり、効率よく勉強を進めることができました。
 僕は、受験の一か月前に志望校を山口高校に変えました。志望校を山口高校に変えたことで勉強に対しての意識が変わり、これまで以上に勉強に取り組みました。これらの経験で自信がつき、入試本番で落ち着いて問題を解くことができました。


自己ベストを目指して

普通科 合格 女子

 私は中学一年生の初めに九大進学ゼミに入塾しました。定期テスト対策のおかげでテストの点数も安定していました。
 受験生になり、今まで塾に全て頼っていたので、何を勉強すればいいのかわかりませんでした。けれど月に一度のテストやプログレスなどで間違ったところを何度もやり直したり、苦手な単元をなくしていきました。
 入試三日前ぐらいに受かるかすごく不安になったけど努力してきた自分を信じて最後までがんばりました。入試当日はもちろんきん張したけれど、平常心で問題をちゃんと読んで達成感をもって終わることができました。
 受験を通して大きく成長できたと思います。


奮闘した日々

普通科 合格 女子

 私は中学二年生の時に、九大進学ゼミに入塾しました。「塾に入っているから家で勉強しなくてもいいや」と思い、中学三年の夏休みが終わる頃まで、自分の中で勉強をしたきになっていました。しかし、夏休みが終わると本格的に受験校を決定しないといけなくなりました。その時は成績も良いとはいえないもので、どの高校を受験するか悩んでいました。しかし、塾の先生に背中を押され、山口高校を受けることを決心しました。
 受験までの道のりは失敗することがとても多かったです。一度、志望校を変えようとしたこともあります。しかし、最後までがんばれたのは、最後の最後までささえてくださった先生方と友達のおかげです。
 私は受験のおかげで、努力は必ずむくわれるということを知りました。


九進を信じて

普通科 合格 男子

 中学3年の始めの頃は、まだ受験生だという自覚がもてず、1年生から入っている九進でしか勉強していませんでした。そのため、なかなか点がのびずにいました。1月のテストで200点を越える人が多くいる中、自分は、志望校のラインを越えていなかったことに焦りを感じ始めました。それからようやく家で勉強を始めました。毎日3時間は勉強をするように心がけました。2月の模擬では200点を越えることができ、志望校の合格にぐっと近づくことができました。それからのテストでも、山高のボーダーラインを下回ることはなく、当日を迎えました。九進のテストが難しかったこともあり、入試の問題はほとんどが簡単に見えました。ここまで学力を上げられたのは、九進の先生方のおかげです。高校でも、自分の努力は続けていきたいと思います。