受験体験記
防府高校
Home > 受験体験記 > 山口地区【防府高校】
受験を体験して伝えたいこと

普通科 合格 女子

 私は、1年生から3年間この塾に通っていました。私は、何事も続かないタイプなのですが、この塾は続けることができました。
 3年生になり、たくさんの先生方に、「受験生」と言われ続けていましたが、自覚が持てませんでした。そんなとき、塾は、その自覚がなくても受験に向けての対策をしてくれました。それが「日々の宿題」です。これを毎日続けたことにより、受験生という自覚がでてから、あせらずに受験対策に取り組むことができました。
 3年生になると、いっきにたくさんのことにみまわれます。しょうじき言ってきついと思います。それを乗り越えるためには、毎日毎日の積み重ねが大切です。九大進学ゼミは、毎日の積み重ねをサポートしてくれます。受験に合格できるよう頑張ってください。


受験までの道のり

普通科 合格 男子

 僕は1年の春から九大進学ゼミに入りました。1年の2学期のテストで50位でした。でも、塾に入ってから、頼れる先生方の優れた指導により20位まで順位を上げれました。そして3年の2学期の期末テストで9位になりました。
 受験が近づくにつれ、毎日イライラしました。周りがだんだん学力がついてきて追い越されたりして、慌てたりしました。でも、毎日あきらめずに努力し続けました。
 受験は苦しいと感じることが多いですが、短い時間でも集中して勉強することが大切と思うのでこれから受験をうける人は、時間を大切にすることを心がけるといいと思います。
 九大進学ゼミに入れたおかげで自分の限界を越えることができました。


最後まで努力をわすれず

普通科 合格 男子

 私は、受験の時いろいろ悩みました。学校の定期テストでは点数はとれるけど、塾のテストでは点数がとれずにたくさん苦悩しました。だけど冬期講座を受けてとても点数があがりました。とてもつらいときがあってもあきらめずに最後まで挑戦すると成績は必ず上がるのだとわかりました。塾の宿題や100%トレなどたくさんやることがありました。だけどつらいときこそ頑張って努力を積み重ねたらその分自分に新しいことが身に付きました。部活動があっていそがしいかもしれないけど日々宿を毎日コツコツためずにやると少しずつ勉強したことが身に付きます。しかし、少しでも努力することをやめるといっきに成績が下がります。なので最後の最後まであきらめずにやったら自分の志願している高校に受かると思います。


仲間と共に頑張った受験勉強

普通科 合格 女子

 私は3年の12月、受験勉強まで3ヵ月になって塾に入りました。それまで、1人で受験勉強をしていて、自分の勉強法で合格することができるのか不安でした。ですが、塾に入ると同じ高校を目指す仲間と一緒に、競い合いながら勉強することができました。モチベーションを上げることができました。また、先生方が入試にでるところを重点的に分かりやすく教えてくださったおかげで自分に自信をもつことができました。
 私は入試前の最後のテストで、数学の点がとても悪く、ショックを受けました。しかし、今までやってきた日々宿や、冬休みの特訓を思い出し、切り替えて入試に臨むことができ、数学では手応えを感じることができました。
 受験は大変ですが、頑張った分だけ達成感と自信を得ることができると思いました。


積み重ねの大切さ

衛生看護科 合格 女子

 私は、中学校2年生の春期講座から、本格的に九大進学ゼミに通い始めました。
 1年生の頃は、勉強方法が分からず、テストでは、なかなかよい点を取ることができませんでした。しかし、塾に入ってからは、勉強の仕方を学び、毎日、日々宿やsptを全力で取り組みました。そのお陰で、2年生の終わり頃から、定期テストの点数が安定してとれるようになりました。
 受験を終えた今、思うことは、「毎日の積み重ね」がとても大切であるということです。毎日続けることは大変で難しいことですが、積み重ねていけば、必ずよい結果がついてくるはずです。思うような点がとれず、不安になる時もありますが、自分を信じて、勉強にとり組んで下さい。熱心にご指導して下さった先生方、本当にありがとうございました。