受験体験記
山口中央高校
Home > 受験体験記 > 山口地区【山口中央高校】
僕の失敗談

普通科 合格 男子

 僕は、小学6年生の冬から九大進学ゼミに通い始めました。中学1年生のころは、まだ高校のことなんてずっと先の事だと思いサッカーばかりして全く、勉強をしていませんでした。すると、1年の内はテストでいい点数がとれていても2年になると段々と点数が下がってきて、とても人に言えない点数をとるようになってしまいました。ですが先生方や両親にこのままじゃどの高校も落ちるよと言われ、とてもあせりました。そこから受験勉強を本格的にはじめましたがこれまでまともな勉強をしていなかった事、スタートが遅い事が重なり当然、納得のいく点数は取れませんでした。ですが先生方がしっかりとサポートして下さったおかげで無事に受験を終えれました。皆さん僕みたいに志望校を変えずにすむよう頑張って下さい。応援しています!!


文武両道を目指して

普通科 合格 女子

 私は、中学1年生の時に九進に入塾しました。中1、中2と塾に通いながら部活をしていました。そんな時、私の入部していた部活で大きな目標をたてました。それを達成するために私は部活とは別に、クラブに通うことにしました。そのためには、塾をやめなければいけませんでした。
 私が中学2年生の秋に九進をやめ、九進に戻ってきたのは3年生の夏期講習でした。塾をやめたばかりの時に比べ、私の点数はかなり下がっていました。しかし、先生と後悔しないという約束をしていたため「絶対まきかえしてみせる!」と思い一生懸命勉強しました。
 私は結局、志望校をかえました。しかし、後悔はしていません。九進の先生や家族や友だちに支えてもらいながら、部活も勉強も自分の納得のいくまでがんばれたので満足です。