受験体験記
下松高校
Home > 受験体験記 > 山口地区【下松高校】
努力は必ず報われる

普通科 合格 女子

 私は、中学2年生の春に九大進学ゼミに入りました。私は塾に入るのが初めてでとても不安でしたが、先生方の優しく丁寧な教え方によって落ち着いて授業に取り組むことができました。
 中学3年生になり本格的に高校受験を意識しだした頃、自分には勉強量がたりないことに気づきました。それからは、友達と遊ぶ予定もいれずに毎日塾に通って自習をしました。そのおかげで、入塾してすぐの頃には絶対に入れなかった高校に合格することができました。
 受験勉強はとてもつらく苦しかったけど自分の経験になることもたくさんありました。嫌になることもあると思うけど、努力はかならず報われるので最後まであきらめずに頑張ってください。


夢は叶う

普通科 合格 男子

 僕は、この塾に入ったときはすべての人に受からないと言われていました。それがいやだったので、がんばって勉強しました。しかし、思うように点数が上がらず、周りの人の点数は上がっていってとても悔しかったです。夏には、全国大会などで塾に通えない日もつづいて周りに差をつけられていき、本当に嫌な日々が続きました。そんな中、僕は12月から毎日、自習室に通うようにしました。そうすると少しずつ点数が上がっていきました。しかし、周りの人は、もっと大幅に上昇していました。そして、塾の先生以外には、あきらめろなどと言われました。そんな中、模擬テストをうけました。そこで落ちてしまい本当に悔しくがんばりました。塾で言われた通りにひたすら勉強をして志望校に合格できました。この塾に入り良かったと思いました。