35年間の伝統とこれから

1985年(昭和60年)、福岡市六本松の地に66名の子どもたちとともにスタートした九大進学ゼミ。
今や、九州・山口各地に93校舎を展開し、10,000名以上の子どもたちが集う総合学習塾となりました。

私たち九大進学ゼミの創業以来のこだわり、
【きめ細かな定期テスト対策】【指導にあたる教師の質】【保護者様とのコミュニケーション】
これからも、より地域の皆様にご満足いただける校舎づくりをめざします。











伝統の定期テスト対策

九大進学ゼミが、創業以来特に力を注いできたのが「定期テスト対策」。
そのカリキュラムや指導成果は、他の追随を許しません。
勉強の得意なお子さまはより高みをめざし、伸び悩んでいるお子さまは成績を伸ばし自信を持たせます。
私たちはお子さまを「伸ばす」自信があります。

学校ごとに試験範囲や出題傾向が異なる定期テスト。九大進学ゼミでは、校舎ごとに受持ち校区を設定していますので、お子さまが通学している学校に合わせた対策指導も行っています。
定期テストの出題頻度や傾向を把握して作成された定期テスト対策専用問題集「SPT」を活用した演習にも力を入れています。











教師の質へのこだわり

私たち九大進学ゼミは「教師の質」には特にこだわっています。
「わかりやすい授業」をめざした指導技術はもちろん、意識高揚を目的とした「スピーチ術」の鍛錬など、定期的に研修を受けた教師たちが教壇に立ち、お子さまへの指導に携わっています。

さらに、お子さまへ提供する授業品質をより高めるべく、学習塾教師向けの全国資格「日本教育士」取得を積極的に進めています。
一次試験の学力検査から、二次試験の授業審査を経て、一般社団法人・全国教育指導者育成協会より「教育士」の認定を受けた教師数は九州第1位!(2019年度)











保護者様とのコミュニケーション

九大進学ゼミでは、保護者様とのコミュニケーションを大切にしています。
定期的に行う保護者面談では、お子さま一人ひとりの学習内容の理解度、塾内でのご様子、諸テストの状況などをご報告しており、保護者のみなさまに安心をお届けしています。
もちろん、定期面談以外でも、お子さまの教育上のご相談は「いつでも」受け付けておりますので、保護者様サポートも充実しております。

また、最新の受験情報などをお伝えする保護者会も実施しております。(一部地域を除く)
さらに、高校の先生方から直接お話を聞くことができる親子参加型のイベント「高校進学説明会」を、まずは福岡地区で先行開催しています。(中学3年生対象)











教育改革への対応は小学生から

教育改革により、これからの子どもたちにはこれまで以上に「思考力」「判断力」「表現力」が求められます。その影響は、すでに高校受験や中学校の定期テストにも表れつつあります。
一朝一夕には身に付かないこれらの力は、小学生のうちに鍛えておきたいものですね。

さて、九大進学ゼミでは、通常の教科指導とは別に、これらの力を身に付けるための「能力開発コース」を充実。
4技能を身に付け英語表現力を伸ばす「英語の力」、思考力を養成する「閃きの力」、語い力や国語力を伸ばす「読解の力」、勉強が好きになる要素がいっぱいの低学年向けコース「サナスタ」など開設しています。(校舎により設置状況は異なります)