中学部
伝統の定期テスト対策


九大進学ゼミの定期テスト対策には、地域の皆様からの定評をいただいています。
創業以来、35年間に渡り一貫して取り組んできた定期テスト対策指導により、これまでたくさんの子どもたちの成績を伸ばし、希望する高校への合格へと導いてきました。

たかが定期テスト、されど定期テスト。1つ1つの定期テストでの小さな成功体験が積み重なることで、子どもたちの学習意欲につながり、やがて訪れる受験で効果を発揮します。












教科書に準拠した、わかる・楽しい授業

九大進学ゼミの授業は、教科書準拠指導。学校での学習進度にも可能な限り合わせており、 使用するテキストも教科書に完全準拠。もちろん、教科書の内容だけにとらわれず、必要に応じてより発展的な内容も授業に取り入れることにより、そして単なる教え込みだけではなく、その授業に関連する「テストには出ないけれど面白いこぼれ話」などで子どもたちの「知的好奇心」をくすぐる、といった、学習に対する意欲を高める工夫も怠りません。

アウトプットも重視した指導を

学習の「成果」を出すには、「教師の話を聞く」だけでは足りません。話を聞いて「わかった」つもりになっていても、いざ問題を解いてみると「できなかった」という経験をお持ちの方も多いのでは。九大進学ゼミでは、授業内容の確認テストや、授業内容からの宿題を原則として実施、インプットだけでなくアウトプットも重視した指導を行っています。

対象 中1~中3 開講 週2回~週3回 (地域により異なります)

定期テスト対策問題集「SPT」


九大進学ゼミの定期テスト対策には欠かせないアイテム「SPT」。九州・山口各県の中学校で実際に出題された、膨大な数の定期テスト問題を参考に、指導に携わる現場教師が中心となって組織された教材開発チームが一丸となって研究・分析の上作成された、まさに「定期テスト対策専用」の問題集です。


5教科すべてに対応しており、出題頻度が高い問題が数多く収録されていますので、テスト対策の序盤で「基本の定着」に大いに威力を発揮する、九大進学ゼミオリジナルの教材です。


直前対策で応用力アップ!


定期テスト直前になると、土・日などを利用して、テストを目前に控えた中学校に通う生徒だけを対象に、その中学校の試験範囲に合わせた、学校別の特別対策指導を行います。【追加料金等は不要です】


ここでは、SPTで培ってきた「基礎力」をもとに「応用力」を身に付ける学習を行います。担当教師は講義型の授業ではなく、一人ひとりの演習状況を見て回り、質問に応じたりアドバイスを与えたりしながら、お子さまの習得レベルを見極めます。


ご存知ですか?教育改革で変わる定期テスト

みなさんは、中学校の定期テストが大きく変わりつつあるということをご存知でしょうか。 中学校の定期テストといえば、一昔前までは教科書の例題や章末問題レベルのものが出題の中心であり、本来思考力が問われる数学であっても、これらの問題の演習をある程度重ね、解答パターンを「覚えて」しまえば十分得点が可能でした。

それが、ここ最近では「思考力」「表現力」を重視した出題が、定期テストでも見受けられるようになりました。

ここが変わった!01

長い問題文を読み解く読解力が必要です!

教科書例題にも登場する「方程式の利用」からの問題ですが、圧倒的に問題文が長くなっていますね。問題文をしっかり読まなければ解けない問題になっていますので、【読解力】が必要ですね。

ここが変わった!02

解き方を「覚える」では通用しません!

1つの解き方だけではなく、別の視点からも問題を捉えて、考えさせる出題形式になっていますね。答えそのものではなく、解答の過程を重視した出題も特徴的です。パターン演習だけでは身に付きにくい【思考力】と冷静な【判断力】が求められますね。

ここが変わった!03

解答を文章で表現する力が必要です!

数学の問題であるにもかかわらず、文章で解答する問題が比較的多く見られます。こうした出題は、高校入試だけではなく「普段の定期テスト」でも増えてきています。【表現力】をしっかり身に付けておきたいですね。

画像をクリックorタップすると拡大画像が開きます。

35周年記念サイト・ホームに戻る