5月8日以降の九大進学ゼミの対応について 〔山口県・佐賀県・長崎県・大分県・熊本県・宮崎県・鹿児島県〕

Home > 5月8日以降の九大進学ゼミの対応について〔山口県・佐賀県・長崎県・大分県・熊本県・宮崎県・鹿児島県〕


2020年5月7日更新

各校舎の対応について

福岡県以外の校舎では、5月8日(金)より対面授業を再開することとなりました。

新型コロナウイルスに対する感染予防対策

対面授業の再開に際しては、感染予防対策を徹底して実施いたします。以下、当塾における感染防止に関する対策をお知らせいたします。一部、保護者様のご協力が必要な箇所がございますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

健康状態確認カード
お子様の登校時に「健康状態確認カード」を回収いたします。
登校時の手指の消毒
お子様が登校の際は、教室入室前に手指の消毒を実施します。
マスクの着用
原則としてマスク着用の上、授業を受講いただきます。
マスクの準備が難しい場合は、各校舎へご相談ください。
校舎・教室の換気
授業に支障がない限り、校舎・教室の窓は常時開放の上、最大限の換気を行うことで、室内の空気の循環を図ります。
教室設備・ドアノブ等の消毒
生徒が使用する机・椅子などの教室設備、教室入口扉のドアノブ等は、定期的にに消毒を行います。
その他
当塾では入室時には共用スリッパをご利用いただいておりましたが、感染拡大防止の観点から、当面の間共用スリッパの使用を中止いたします。

校舎職員等の対応について

指導にあたる教師・校舎職員等につきましても、以下のような厳重な健康確認および、感染防止対策を行います。

マスクの着用
当塾の教師・職員においては、授業中はもちろん、勤務中は必ずマスク着用を行います。
出勤前の検温
出勤前の検温を実施し、発熱などの症状がみられる場合は、出勤停止とします。
体調不良の確認
発熱がない場合でも、体調不良の有無の確認を行うほか、教師・職員の家族等にも体調不良者がいないかどうかの確認を実施いたします。
3密空間・施設への滞在有無の確認
感染リスクが高まるいわゆる「3密」空間・施設への滞在の有無を確認します。

3密空間・施設とは

新型コロナウイルスの感染防止策として、

・換気の悪い“密”閉空間

・多数が集まる“密”集場所

・間近で会話や発声をする“密”接場面

の3密を避けることで感染拡大を防げるとの専門家からの意見が発表されております。当塾では、該当の地域や施設を「3密空間・施設」としています。

上記の確認の結果、感染を最大限に防止するため、従来の担当教師とは異なる教師が授業を担当する場合や、時間割の変更を実施する場合もございます。予めご了承ください。






以上