徳山校 DO YOUR BEST!!
校舎住所 〒745-0823 山口県周南市周陽2-16-1
電話番号 0834-34-0117
集団指導 小学生中学生See-beジュニアイングリッシュ
個別指導 映像指導
塾長挨拶 校舎地図
校舎外観
     
     
 
1

1学期講座スケジュール

上部へ戻る
1

春期講座スケジュール

上部へ戻る
   
 
1

はじまりました!

更新日:20.04.02


ついに春期講座がはじまりました!
新学年に向けて、生徒たちは気持ちを新たにがんばっています。
これは新中学1年生の授業時の写真です。


初日のオリエンテーションでは、「小学校と中学校の違いと、これから何に気を付けると良いか」「効果的な勉強の仕方」などをお話しました。
これからその実践を通して、活躍するヒーロー・ヒロインをたくさん生み出していきます!


授業は楽しさ真剣さの両方を大事にしています。
授業の最後には確認テストを行い、習得度のチェックとその結果を反映させた座席の変更を行います。
次回は誰が1位の席につくのか!? 楽しみです!
上部へ戻る
1

春期講座、開講します!

更新日:20.03.19
春期

新型コロナウイルスの影響で学校が休校になり、この3月、お子様はどうお過ごしでしょうか。
「自分で勉強する・させる」ということは、思った以上に難しいですよね。

当塾も、コロナウイルス対応策として2週間休校となっておりましたが、
3月25日より、春期講座を開講いたします!

小学生は復習授業で、新学年に上がる準備!
中学生は予習授業で、新学年で大成功をおさめる準備!
今年の3月はどうしても勉強量が不足し、例年以上に進級に不安があると思います。
九大進学ゼミは、それをフォローしていきます!

さらに春期講座は、少しでも多くのお子様に通って頂きたい、という思いから、
全学年授業料無料となっております!(別途諸費用2,200円が必要となります。)

ぜひこの機会に九大進学ゼミの授業を受けてみませんか?
たくさんの方のお申込み、お待ちしております!
上部へ戻る
1

楽しみながら頑張っています!

更新日:20.02.14
こんにちは。九大進学ゼミです。
前回のトピックで、小学生対象実力判定テストのご案内をさせていただきました。
本日は、日ごろの様子を紹介させていただきます!

小学生の国語・算数コースは、各小学校の進度に応じて、テキストをすすめています。
毎回生徒が来る度に「学校では今何を習っている?」という会話から始まり、 現在習っている単元を徹底的に復習・予習をするシステムです。
学校の進度にあわせて指導をすることで、学校で行われる単元テストにおいて高得点を獲得できるようになった生徒も増えてきています!
「先生!100点でした!」と嬉しそうにテスト用紙を持ってきてくれる姿を見ると、私たち教師も大変うれしくなります!

テキストをすすめるだけではなく、私たち九大進学ゼミでは月に1度の作文指導も行っています
作文指導のプロ・日本作文協会さんに添削をお願いしており、毎月Sランク〜Fランクの評価がついて返ってきます。
生徒たちは高い評価をもらいたいという一心で毎月作文を書いてくれており、その思いが文章を書く力の向上につながっていると考えております!

今後も九大進学ゼミの指導を通して、子供たちの学力が向上するように、一生懸命指導をさせていただきます!

ブログ
上部へ戻る
1

高校生も頑張っています!

更新日:20.02.11
こんにちは。
九大進学ゼミです。

まだ寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
高3生は私立入試、2次試験
高2生はいよいよ受験生に
高1生は文理選択もあり、将来の夢や目標に1歩近づく
大切な時期になります。


先の1月18日、19日には、大学入試センター試験が行われました。
来年からは、30年続いたセンター試験に代わり、
「大学入学共通テスト」となります。
改革や変化は悪いことばかりではありませんが、
目まぐるしく流れてくる情報に踊らされるわけにはいきません。

実際に今年もすでに大きな変化がありました。
特に数学と英語では結果が顕著に表れています。
センター入試の中間集計の発表では平均がそれぞれ
「数I・A」53.25(59.68)点 「数II・B」51.58(53.21)点 「英語(筆記)」118.90(123.30)点
※()内は前年
以上のように発表されています。

多くの高校3年生が苦戦した結果となりました。

そもそも「大学入学共通テスト」とはグローバル化や人工知能技術をはじめとした技術革新に揉まれる時代の中で
「新たな価値を創造していく力を育てる」ことを目的としています。
そこで求められることが『学力の3技能』です。
(1.知能・技能 2.思考力・判断力・表現力 3.主体性を持ってたような人々と協働して学ぶ態度)

具体的には記述式問題の導入や英語の民間試験登用などがあげられますね。
いずれも延期となりましたが、その他にも
文章量の増加や情報を複数の資料から読みとる、または関連付けて考えるといった、
これまでのセンター試験にない問題傾向が予想されています。

大事なことは、ただ「知識」を引き出すのではなく、
問題によって必要な知識が何か「思考」し、どのように使うのか「判断」したうえで
実際に答案として「表現」することです。
そのためにはやはり、十分な準備が必要です。


九大進学ゼミの高等部では、@willという映像コンテンツを使用して、
20000を超える講義の中から一人ひとりの志望校や目標に合わせてカリキュラムを組んでいきます。
そして@willでは映像授業で知識をインプットすることに加え、各講義後の確認テストで知識をアウトプットしていくというリズムがあります。

実際に学んだ知識を生かしながら「思考」し問題に取り組む、「表現力」が求められるのです。
映像授業と聞くと、「ただ映像を見るだけだ」と思われる方も多いのですが、
実は今求められている能力を鍛えていくのに最適なコンテンツなんですね。

私たち九大進学ゼミでは
夢や目標に向かって頑張る生徒たちをこれからも全力で応援していきます。
生徒たちの活躍にご期待ください。

九大進学ゼミ

上部へ戻る
1

第3回実力判定テスト

更新日:20.02.07
こんにちは。九大進学ゼミです。
暦の上では春ですが、まだまだ寒い日が続きますね。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。
早いもので、今年度も残り2ヶ月を切りました。
新学期に向けて、得意教科を磨き苦手教科を克服してから進級をしたいですね。
さて、今回はそんな思いを胸に秘めている小学生にご案内です。

小学生対象実力判定を実施いたします。

このテストはどんなものなのでしょうか?ご説明させていただきます。

(1) 幅広い出題範囲!

単元をしぼった学校のテストとは違い、今まで習った単元の中から幅広く出題されるテス トです。
1年間の総復習、そして前学年からの総復習として最適なテストです!
ぜひ力を試 してみましょう。

(2) カルテの返却!  

点数だけではなく、偏差値に換算して結果をお伝えします。
カルテには、それぞれのお子様の得意な単元、苦手な単元の記載もしております。
来年度はここに力を入れよう、ここを磨いていこう!そう思えるカルテがテスト後お手元に返ってきます。

(3) やり直しプリント!

テストを受けて終わりではなく、テストの類似問題を集めた「やり直しプリント」をご用意しております。
テスト受験→結果を見て見直し→類似問題で最終確認。この流れで復習をすることで、今まで出来なかった問題が出来るようになり、お子様自身にも「出来る!」という喜びが芽生えます。

いかがでしょうか。
次の学年に上がる前に、ぜひこちらのテストで力を試してみませんか?

実判


お申し込みや、気になる点がございましたら、お気軽に校舎までご連絡ください。
上部へ戻る

   
  塾長挨拶

川田 安紀 < かわた やすのり >

やればできる!しかし、その一歩を踏み出す勇気を持てない子どもがいます。まずは、精一杯やってみる!と前向きになれる指導を志しています。

担当科目(数:理:社)

   
     
  校舎地図
 
   
ページの先頭へ戻る