グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  やよい坂校ブログ >  表現力養成に向けて

表現力養成に向けて


こんにちは!九大進学ゼミやよい坂校です。
大学入試改革をはじめとした教育改革により、小中高の指導内容やカリキュラム、入試問題が大きく変わっています。そのなかで大きく取りざたされているのが思考力・判断力・表現力ですが、その中でも今回は

「表現力」にフォーカスしたいと思います!

1+1=2!、江戸幕府を開いた人物は徳川家康!のような答えが一言で決まるものについては、表現力は不要ですが、最近よく問われるのが、どうしてその答えを導いたのか、その理由や過程を考え、答えていく問題です。子どもと話していて、「言いたいことはわかるけど、その言い方では伝わらないよなあ」というようなことはありませんか。言いたいことが喉の辺までは来ているが出てこない。どういえばいいか迷ってしまう。そういうことって大人でもありますよね。でもこれでは今の入試ではなかなか点に結び付かないのです。
ではどうすれば表現力を身に着けることができるでしょうか。私は

このサイクルの繰り返しこそ、表現力をつける唯一の方法だと思います。

九大進学ゼミは毎月作文を練習する、非常にユニークな塾です。
毎月異なるテーマについて、制限時間と制限字数を決めてヨーイドンで書きます。
書いた作文は「日本作文指導協会」が丁寧な添削をしてくれます。
添削された作文は後日返却され、その改善点を踏まえて別テーマで作文します。

いろいろな声をいただきました!

「学校で全く書けなかった作文が書けるようになった!」(生徒)
「入試作文が苦手だったが、逆に得意になった!」(生徒)
「作文上手になったね!と学校に褒められた」(保護者)
「作文指導が気に入って九進を選んだ!」(保護者)


今月のテーマは

中学生「私の学校自慢」「○○に感謝!」
小学生「お休みの日にしたこと」「きれいだなと思うこと」


今月も塾生の成長がみられそうです!