読解の力
ことばの学校
小1 小2 小3 小4 小5 小6 中高生可
Home > 小学部 > ことばの学校
ことばの学校 | 「良書多読」「速聴読」で語い力・読解力を身につける

「意味の分からない言葉が多くて、文章が読めなかった。」
「書いてあることは読めるけど、内容が頭に入ってこない」

文章読解が苦手な子どもたちからよく聞かれるこういったケースは、「語い量の不足」や「文章を理解するための基礎知識不足」が原因であることが多いようです。

「読解の力」コースでは、「ことばの学校」のシステムを活用して、

 豊富な読書に裏付けられた語い量
 豊富な読書によって得られた知識
 伝統的・文化的背景の理解

を子どもたちに身に付けてもらうことで、長文から情報を整理し「記憶する能力」、情報の取捨選択ができる「判断力」、情報のカテゴライズができる「分析力」、他者に事実や意思を正確に伝達する「表現力」、つまり「読解力」を強化するための指導を行っています。
そのための方法として、「ことばの学校」では、「良書多読」「速聴読」という2つのメソッドを活用しています。

※校舎により開講状況は異なります
イメージ

「良書多読」とは


「ことばの学校」では、国語のプロが厳選した「その学齢でぜひ読んでおきたい」という200冊を用意。その蔵書は、古今問わず名作と定評のある文学作品、絵本、論説文、古文と多岐にわたります。
これら良書を年間 40〜50冊を目標に読書を進めていき、読書力を高めることをめざします。


200冊もの良書 レベルに応じた読書が可能!


「速聴読」とは


「ことばの学校」の蔵書すべてに、プロのナレーターによる朗読音声を用意。再生スピードは調節ができるので、自分にちょうど良いスピードで聴きながら活字を追うことで、一文字ずつばらばらに読むのではなく、文字を「かたまり」でとらえることができます。
これを「ことばの学校」では「速聴読」と呼んでいます。


タブレットに音声トラックをダウンロード ヘッドホンを付けて朗読音声を聞く
読みっぱなしにならないから、語い力・読解力が定着する

語い力・読解力を「定着」させるためには、「ただ本を読むだけ」では意味がありません。「ことばの学校」では、これらの力を「定着」させるために、「読書ワーク」「読書指数®診断」に取り組んでいます。

「読書ワーク」で効果的なことばの学習


「読書ワーク」とは、読書の前と後の2回取り組む学習教材。
ただ読むだけでは理解できているかどうか不安ですが、「読書ワーク」があれば、内容整理がバッチリ!
また、本を読んでいてわからないことばがあっても、読書前後の確認があるので、本の内容がよりわかるようになるばかりか、新しいことばを学ぶ機会にもなり、結果として語い力・読解力の向上につながります。
読書ワーク

読書の「前」に取り組む3つの教材


「ことばの学校」では、これから読む本への期待感を高めたり、内容の理解を進めやすくするため、事前に取り組む「ストーリーシート」、「ことば探索シート」、「表現確認シート」の3つがあります。

※シート数は一例です。受講グレードによってシート数は異なります。

写真は左にスワイプできます。クリック・タップすると、教材例の拡大画像と説明がご覧いただけます。

  • ストーリーシート

  • ことば探索シート

  • 表現確認シート

読書の「後」に取り組む4つの教材


読書が終わったら、内容を振り返る「登場人物シート」、文中のことばの意味を学習する「ことばシート」、表現力を伸ばす「表現の実りシート」などに取り組みます。

※シート数は一例です。受講グレードによってシート数は異なります。

写真は左にスワイプできます。クリック・タップすると、教材例の拡大画像と説明がご覧いただけます。

  • 登場人物シート

  • ことばシート

  • 表現の実りシート

  • 書き方シート


「読書指数®診断」で読書の成果を「見える化」。

「読書指数®」とは、見えにくい国語の力を数値で表してわかりやすくしたものです。
ことばの学校では、年2回、独自の診断ツールで国語力の土台である「語い力」と「読書速度(正確に読む速さ)」を診断します。診断結果を見れば、日ごろの読書成果が見えてきます。

読書指数®診断の効果


「ことばの学校」では、 語い力や、文章を速く正確に読み取る力を診断するための独自テストを実施します。この結果をもとに算出されるのが、「読書指数®」です。
読書から伸びる力を定点測定するので、効果が客観的に分かり、 目に見えない読書の効果を数値化できるようになるほか、継続することのモチベーションにつながります。
テストを受けるようす

読書指数®を計るテストとは


お子さまの読書指数®を計測するためのテストは、次の4つからなります。

Aテスト | 推定語い量診断

辞書から無作為に抽出した語いを出題し、その正答数でお子さまの習得している語い量を推定して算出します。

Bテスト | 学年語い力診断

各学年の教科書から抽出した語いの正答数から、お子さまが何年生相当の語い力を持っているかを算出します。

Cテスト | 分野別語い力診断

「ことわざ・慣用句」「現代用語」「敬語」「オノマトペの用法」など、読書や日常生活から身に付く「ことばの豊かさ」を診断します。

Dテスト | 読書速度診断

一定時間内に平易な文章を読み進め、1分あたりの読書文字数と正答数で、読書速度と正確さを診断します。

ことばの学校 | 開講校舎と曜日・時間はこちら