グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  九大進学ゼミについて >  教育理念

教育理念


幼いころ、学生時代に抱いていた”夢”を覚えていますか。
今はどんな”夢”を持っていますか。
そして、子どもたちに”夢”を語っていますか。

「先の見えない時代」等と囁かれている今日の日本。社会のトップに立つ人間が引き起こす、様々なスキャンダル。
日々のメディアに報じられる醜いニュースは珍しくもありません。
また、若者層の性や犯罪が短絡化し、粗暴になっていると言われています。
しかし、成長の段階において最も重要なことは、環境ではないでしょうか。
私たち大人が、子どもたちに”夢”を抱かせる環境を、十分に与えているのでしょうか。

私たち九大進学ゼミは、単なる「学習塾」ではなく、総合的な人格形成を目指す「教育塾」でありたいと考えています。
希望に満ち溢れた子どもたちの意欲を削いだり、受験戦争での勝ち残りのために学力以外の教育を切り捨てたりはしません。
全ての子どもたちが持つ可能性を大事にし、”夢”を抱かせ、その実現に向けて本気で挑戦していく素晴らしさも伝えます。
九大進学ゼミには、本気で”夢”を語る教師がいます。夢の実現に挑戦できる環境があります。

1985年、わずか66名の生徒数からスタートした九大進学ゼミも、
九州・山口の子どもたちが、9000名以上在籍する「教育塾」へと成長することができました。
これもひとえに地域の皆様のご愛顧のおかげだと感謝しております。

今日も教師が、子どもたちに”夢”を語っています。

代表取締役
木原高志