白木原校 DO YOUR BEST!!
校舎住所 〒816-0943 福岡県大野城市白木原1-1-57
電話番号 092-592-6841
集団指導 小学生中学生See-beパズルジュニアイングリッシュ
個別指導 小学生中学生高校生映像指導
塾長挨拶 校舎地図
校舎外観
     
     
 
1

開講曜日・授業時間のご案内

上部へ戻る
   
 
1

白木原校 令和3年度公立高校入試結果

更新日:21.03.30
3月18日、公立高校の合格発表がありました。
コロナ下でいろいろとありましたが、最後まであきらめず、
みんなよく頑張ってくれました。



次は新3年生の番です。
まずは1学期でしっかりと内申を確保しよう!
目指せ志望校全員合格!頑張れ白木原校生!!

上部へ戻る
1

学年末テスト結果

更新日:21.03.26
本日は2月に行われました学年末テスト結果の一部を紹介いたします。


2020年度も終了です。
新たなる学年でさらなる飛躍を遂げましょう!

上部へ戻る
1

表現力を鍛えます!

更新日:21.03.03
九大進学ゼミでは月に1度、作文指導を行っております。

文字を書くのが苦手な子、自分の気持ちを言葉にするのが苦手な子など文章を書くのが苦手なお子様は多いのではないでしょうか?

しかし、福岡県の公立高校入試の国語では作文が出題されます。
また、どの教科でも記述問題が増え文章を書く力が必要になってきています!

そこで、九大進学ゼミでは中学生小学生(ジュニアコース)に毎月、作文指導をしています!


課題の横に書いてあるヒントを参考に書いているうちに、初めは教師にヒントをもらいながら書いていた子も、月に1度の作文を書き続けると、徐々に自分一人で書けたり、書くスピードが上がったりする子が多いです。

作文を通じて、漢字や原稿用紙の使い方なども指導しています。

ブログ
ブログ2
 

そして、書いた後は日本作文指導協会が添削をし、一人ひとり返却します。

特に素晴らしい作文が書けた子は、毎月送られてくる作文教室だよりに名前が載り、校舎内にも掲示します。 


文章を書く力は、大学生になっても、社会人になっても必要になります。

しかし、すぐに身に着けられる力ではありません。

先を見据えて、月に1度、表現力を鍛えています!


毎月提出している作文ですが、8月は『作文コンテスト』となっており、白木原校の生徒が見事『1席』(中学生の部最優秀)を獲得しました!

最後にその作文を紹介します。

人前で泣くこと

「○○、人前で泣ける。」
私は部活中、仲の良い友人にそう聞かれた。彼女が言うには、部活動の試合後、負けた人が泣くのがよく分からないらしい。もちろん彼女も、負けることの悔しさはよく知っている。ただ、彼女は恥ずかしさからか、泣けないそうだ。
そんな経験は、私にもある。友人と喧嘩をしたときも、怪我がどんなに痛くても、私は誰かに泣き顔を見られるのが嫌で、絶対に泣かなかった。私の他にも人前で泣けない人がいると知り、驚いた。
でも私は、一度思い切り泣いてみたい。気恥ずかしさも、意地もお構いなしに泣いてみたい。その後は、きっとすっきり晴れた気分になるはずだ。それがいつになるかは、まだ分からないけれど。

中学3年生はいよいよ公立一般入試です。
残りわずかですが、やれることをやって、悔いのない受験を迎えてほしいと思います。
3月18日には、きっと、全員が嬉し涙を思いっきり流すはずです!
頑張ろう!!白木原校生!!
上部へ戻る
1

私立入試結果

更新日:21.02.17
中3の受験がいよいよはじまりました。
コロナの影響で、例年とは違い、生徒たちも保護者の方々も大変だと思います。
本日は、そんな中頑張ってくれた白木原校生の私立入試結果を報告いたします!!

合格
今年も無事全員合格でした。
次は公立入試です。志望校合格を目指して最後まで共に頑張ろう!!
上部へ戻る
1

定期テストへの準備について

更新日:21.02.12
先日より、「新中1入学応援プロジェクト」として、九大進学ゼミの先輩たちの中学校生活を成功させるための秘訣をご紹介しています!今回は『小学校と中学校のテストの違い』です!


中学校に入学するにあたり、勉強についていけるかどうか…ということに大きな不安をお抱えのお子様・保護者様がたくさんいらっしゃいます。前回ご紹介の「部活動と勉強の両立」(過去のトピックスはこちら)にもあったとおり、小学校の学習内容に比べ、難易度が圧倒的に高くなると同時に、部活動による時間の制約も生まれてしまいます。
そして、何よりも大きく異なるのがテストです。

■小学校と中学校のテストの違い
 
小学校までのテストでは、単元ごとの比較的短い範囲を習った直後にテストするため、少しの復習でも高得点に結びつきやすいというのが特徴です。一方で、中学校でのテストは単元ごとではなく、複数の単元をまとめてテストします。つまり、中学校での定期テストで点数を取るためには、小学生以上に日頃からコツコツ復習を行い、学習内容を定着させるための演習を十分に積むことが重要なのです。

ここで、小学校と中学校のテストの試験範囲を比べてみましょう。

■テストの試験範囲

直前に復習するだけでは、定期テストで高得点をとるのが難しいことは言うまでもありませんね。
そのため、これまで以上に普段からの学習習慣を身につけ、学習内容を定着させるために演習を積むことが大切だというわけです。

★九大進学ゼミの誇る【伝統の定期テスト対策】で、最高の定期テスト結果を!★

九大進学ゼミでは、定期テストで点数を取るために「反復(復習)と訓練(演習)」をしっかりと行うことが重要だと考えています。そこで九大進学ゼミでの授業は少し先の予習指導が中心になっています。それは、塾で事前に学習内容の全体像を知ることでポイントがわかり、より理解を深めることができるからです。そうすることで、塾での授業⇒家での復習⇒学校での授業⇒家での復習…といったかたちで何度も復習を行えます。また、早めに指導を終えることで訓練のための時間も確保できるうえ、学校の授業でも発表できて通知表で高評価を得ることができるなど、いいこと尽くしです! 


「反復(復習)と訓練(演習)」をすればするほど、定期テストでよい結果を残すことが出来ますよね。そのためには、塾や学校での授業のみならず、家庭での復習をしっかり行うことも必要ですが、部活動などで忙しい中学生には時間の制約が生まれてしまいます。限られた時間をどのように使うかということを考えておくのも、中学生になるにあたって大事な準備の一つと言えますね。

次回は「中学校生活への適応」についてご紹介させていただきます。ぜひお楽しみに!

九大進学ゼミ白木原校 TEL:092-592-6841
上部へ戻る

   
  塾長挨拶

土井良 英邦 < どいら ひでくに >

子供たちの可能性を信じ、『わかる喜び』を体感してもらうように、全力で指導いたします。

担当科目(数:理)

   
     
  校舎地図
 
   
ページの先頭へ戻る