本校 DO YOUR BEST!!
校舎住所 〒814-0103 福岡県福岡市城南区鳥飼5-2-57
電話番号 (小・中学部)092-821-5711 (大学受験部)092-821-5723
集団指導 小学生中学生See-beパズルレプトンサナスタ
個別指導 小学生中学生高校生映像指導
塾長挨拶 校舎地図
校舎外観
     
     
 
1

10月〜12月講座開講日程

上部へ戻る
   
 
1

今年もやります!👻ハロウィンパーティ🎃

更新日:20.09.22
秋といえば? 読書の秋、食欲の秋、運動の秋・・・たくさん思い浮かべることができますね。おいしい食べ物が増えるので、私も大好きな季節です♡さて、九進の秋といえば!これまたいろいろありますが、その中でも小学生が毎年楽しみにしてくれているアレです!
そう! HalloweenParty 今年もやりますよ〜♪♪♪
九大進学ゼミ小学部のレプトンコースが主体となって、楽しいイベントを準備しております!
「Trick or Treat!(お菓子をくれなきゃイタズラするぞ!)」もしかするとお菓子もゲットできちゃうかも!?
英語の学習経験は全く関係ありません! 小学生であれば誰でも参加OK!
参加ご希望の方は、校舎(092-821-5711)までお問い合わせください☆たくさんのご応募お待ちしております。

ホームページからのお申込みはコチラ<<<


上部へ戻る
1

Let’s try サナスタ!!!

更新日:20.09.16
早いもので9月中旬になり、朝晩と日中の気温差が大きい季節となりましたね。
中学生は2学期中間テスト真っ只中!
私たち教師も少しソワソワしてしまいますが、生徒たちはしっかり頑張ってきてくれるだろうと信じています!

小学生も毎日暑い中頑張って通塾してきてくれ、授業前の教室からは元気な声が聞こえてきます!
今回は、サナスタの授業に潜入してみましょう♪

プチ閃きの力

「スタート!」の合図とともに、一心不乱にパズルの問題に取り組みます。
今年の春にサナスタを始めた生徒でも、どんどん問題を解き進め、時間内に見直しの時間まで取ることができるようになりました!


 リスニングの力

日本語のお話を聞きながらメモを取り、設問に答えます。
少しずつ話の要点を掴む力がついてきて、箇条書きにしてみたりなど、自分なりに工夫してメモを取ることができるようになってきました! 
 


 歴史サナバトル

歴史に関するカードゲームとすごろくを組み合わせたボードゲームです。
ゲームを楽しみながら歴史を学び、子供たちが歴史への興味を持つきっかけを作ります。
「ナール」というポイントが高いカードは争奪戦!手元にゲットできると「やったぁー!」と喜びの声があがっていました。

今日も楽しそうなサナスタ!生徒たちの真剣な顔、笑顔、いろいろな表情を見ることができました!
上部へ戻る
1

塾をお探しの方必見☆ 2学期講座スタート!!

更新日:20.09.01
こんにちは!あっという間に夏休みが終わり、2学期がスタートしました!
九大進学ゼミでも9月1日より2学期講座が始まります。
2学期というのは1年間で一番成績の差がつきやすい時期です。
授業進度も速く、特に英語・数学の難度が上がることで、授業についてこられない生徒が出てきます。また、部活や学校行事などを理由に、勉強しなくなる生徒が出てくるのも、この時期が多いです。
9月中旬には各中学校で『2学期中間テスト』が実施されます。
差がつきやすい2学期だからこそ、一気に成績アップが狙えるチャンス☆

今回は、「そんな絶好の機会をものにしたい!!」という方必見のお知らせです。
九大進学ゼミでは、この夏、創立35周年記念&「学びをとめるな」特別キャンペーンとして「夏期継続生 入塾金全額免除」を実施しました。
この度、ご好評につき、9月末までキャンペーン延長することになりました!!!


各コース、随時体験授業も承っております。
体験授業への参加や入塾をご希望の方はお気軽に九大進学ゼミ本校(092-821-5711)までお問い合わせください。
ホームページからのお問い合わせはコチラ<<<
上部へ戻る
1

塾長コラム#17:ご褒美よりも効果的なもの

更新日:20.08.28
 勉強でもスポーツでもその他の分野でも、自らやる気満々で臨んでくれれば、こんなに楽なことはありません。ところが、人間はきついことや辛いことを回避しようとするものです。やる気を持たせることを「動機づけ」と言いますが、この「動機づけ」には「内発的動機づけ」と「外発的動機づけ」の2種類があり、それぞれに効果が異なります。
 ・内発的動機づけ → 興味や探求心など、内面的な要因によって生まれる動機づけ
 ・外発的動機づけ → 報酬や評価、罰則や懲罰といった、外部からの働き掛けによる動機づけ
理想としては、内発的動機づけを得ることです。勉強で言うと、「数学の問題が解けると嬉しい!」「理科の勉強って、楽しい!」という、勉強そのものへの興味や関心によって引き出されるやる気ですね。しかし、「それがあるなら苦労しない!」とお思いの保護者様もいらっしゃるのではないでしょうか。そうですよね、そんなにうまくいくなら塾なんていらない!(笑)

 そこで、大人は外発的動機づけを選択することになります。「●点とったらご褒美」「成績が下がったら、スマホ没収!」などですね。これらは短期的に効果が出やすいので、よく使われます。ところが、デメリットとして効果が長続きしない」「コストがかかる」「内発的動機づけが遠のく(自分から勉強するようにはならない)が挙げられます。長い目で見ると、リスクも大きいわけです。
とはいえ、外発的動機づけを全く使わないというのも難しいですよね。そこで狙うのがエンハンシング効果です。これは、外発的動機づけがきっかけとなり、内発的動機づけが高まることを言います。具体的な方法は、「褒める」ことです。

 アメリカの発達心理学者ハーロック氏の実験では、教師の答案返却時の態度でその後の成績に影響が出ることが確認されました。
 ・Aグループ:どんな点数でも、できていた部分を褒める

 ・Bグループ:どんな点数でも、できていない部分を叱る
 ・Cグループ:どんな点数でも、何も言わない
さて、どのような差が出たでしょう?

 Aグループの生徒は、日を追うごとに成績が向上し、最終日には約71%も成績が向上しました。Bグループは、2日目には約20%成績が上昇したものの、その後は次第に低下しました。Cグループは、2日目には約5%成績が上昇したものの、その後はほとんど変化がありませんでした。つまり、どんな点数でも、できていた部分を褒められた グループAの子たちが、明らかに伸びたということです。必要に応じてご褒美を使いながらも、それだけに頼ることなく、「褒める」ことで、内発的動機づけに近づけていきたいですね。
上部へ戻る
1

☆理科実験教室☆

更新日:20.08.27
小学生の夏期講座最終日は理科実験教室を行いました!

今年はコロナ感染症の影響で夏休みも短く、普段の生活にも制限がかかっている生徒たち。
夏期講座初日、「最終日は理科実験教室だよ!」と伝えると、「何するんですかー?」と質問の嵐。
もちろんその場ではまだ秘密です。生徒たちは当日をとても楽しみにしてくれていました!


今回のテーマは『空気の力』!!!

いくつかの演示実験では、生徒たちの「なぜ?」「どうして?」という疑問を大切にし、生徒と一緒に予想を立てながら進めていきました。

結果に驚き、目をキラキラさせながら見てくれている姿が印象的でした。




そのあとは、1人ひとつずつ「エアロトレイン」の作成♪
こちらも、どのような動きをするのか予想を立て、そして原理を理解しながら作成を進めていきました。





九大進学ゼミの小学生の授業では、定期的に理科実験教室を行っています。
実際に自分の目や耳や肌で身近な事象に触れることで、「科学」に興味を持つ子供たちが多いです。
今回は、夏の思い出のひとつとして楽しんでもらえたようで良かったです♪

上部へ戻る

   
  塾長挨拶

小島 康介 < おじま こうすけ >

「今日の一歩が明日を拓く!」 君たちの大きな可能性を信じぬく教師を揃えています。 指導力に自信あり。君たちの挑戦を待っています!

担当科目(数:国)

   
     
  校舎地図
 
   
ページの先頭へ戻る